コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特芳禅傑 どくほう ぜんけつ

1件 の用語解説(特芳禅傑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

特芳禅傑 どくほう-ぜんけつ

1419-1506 室町-戦国時代の僧。
応永26年生まれ。臨済(りんざい)宗。義天玄詔(ぎてん-げんしょう),雲谷玄祥(うんこく-げんしょう)らに師事し,のち京都妙心寺雪江宗深(せっこう-そうしん)の法をつぐ。文明10年大徳寺,ついで妙心寺,竜安寺などの住持となる。永正(えいしょう)3年9月10日死去。88歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。諡号(しごう)は大寂常照禅師。語録に「西源特芳和尚語録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の特芳禅傑の言及

【妙心寺】より

…健全な禅は安定した寺院経済を基礎にして成立するという当寺の伝統は,禅を茶道に密着させた大徳寺の禅を評して〈大徳寺の茶づら〉というのに対して,〈妙心寺のそろばんづら〉という呼称を世間に生むもととなった。宗深のあと,門下に東陽英朝(1428‐1504),景川(けいせん)宗隆(1425‐1500),悟渓宗頓(1416‐1500),特芳禅傑(1419‐1506)の四傑が現れ,妙心寺の宗勢は戦国期に興隆した。今川氏に迎えられた大休宗休(だいきゆうそうきゆう),太原崇孚(たいげんすうふ),武田家の帰依をうけた快川紹喜(かいせんじようき)などは当寺の寺僧であり,妙心寺派は戦国群雄と結んで盛んに地方に進展した。…

※「特芳禅傑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

特芳禅傑の関連キーワード木幡雅遠玄性乾叟禅亨昌地照陽等耕東木長樹等本日尭(1)楊富

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特芳禅傑の関連情報