コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義天玄詔 ぎてん げんしょう

1件 の用語解説(義天玄詔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義天玄詔 ぎてん-げんしょう

1393-1462 室町時代の僧。
明徳4年生まれ。臨済(りんざい)宗。土佐(高知県)の人。尾張(おわり)瑞泉寺日峰宗舜の法をつぐ。土佐瑞巌寺,京都妙心寺などの住持をへて,享徳2年大徳寺39世。細川勝元の帰依(きえ)をうけ,京都竜安寺,丹波竜興寺をひらいた。寛正(かんしょう)3年3月18日死去。70歳。俗姓は蘇我。諡号(しごう)は大慈慧光禅師。法名は明詔,玄承とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

義天玄詔の関連キーワード末吉意雲上杉快尊兼国(2)高湛久我清通宗観(1)長懐梵阿東沼周曮