コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義天玄詔 ぎてん げんしょう

1件 の用語解説(義天玄詔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義天玄詔 ぎてん-げんしょう

1393-1462 室町時代の僧。
明徳4年生まれ。臨済(りんざい)宗。土佐(高知県)の人。尾張(おわり)瑞泉寺日峰宗舜の法をつぐ。土佐瑞巌寺,京都妙心寺などの住持をへて,享徳2年大徳寺39世。細川勝元の帰依(きえ)をうけ,京都竜安寺,丹波竜興寺をひらいた。寛正(かんしょう)3年3月18日死去。70歳。俗姓は蘇我。諡号(しごう)は大慈慧光禅師。法名は明詔,玄承とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

義天玄詔の関連キーワード伊達持宗蓮田兵衛高知県の建設業李成桂倉役臭化カリウム赤松貞村後円融天皇綽如聖聡

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone