コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬雁足 イヌガンソク

2件 の用語解説(犬雁足の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐がんそく【犬×雁足】

オシダ科のシダ。山地に生え、根茎は太く横にはう。栄養葉は長さ約1メートル。胞子葉は秋に出て短く、葉身は退化している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いぬがんそく【犬雁足】

オシダ科の夏緑性シダ植物。山地の樹林の下に生える。葉は先のとがった長卵形または楕円形で、長さ1メートル 以上になる。秋、短い褐色の葉が出、胞子囊のう群をつけ、冬も黒褐色になって残る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬雁足の関連キーワード鼬羊歯犬蕨猪の手雄羊歯雉の尾羊歯雌羊歯岩連朶立忍蔓連朶袋羊歯

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone