狂言師(読み)キョウゲンシ

大辞林 第三版の解説

きょうげんし【狂言師】

能狂言を演ずる役者。 → 狂言方
狂言師」に同じ。
噓をついて人をだます常習犯。からくりや。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の狂言師の言及

【狂言方】より

…江戸期には大蔵流・鷺流・和泉流の3流が並び立ち,このうち鷺流は大正期に滅びたので,現在は大蔵・和泉の2流が活動している。能楽に携わる演者を総称して能楽師または能役者と称し,狂言方も広義には能楽師,能役者だが,それとは別に狂言方の演者だけをさす狂言師という呼称もある。なお《翁》においては,シテ方が下掛(しもがか)り三流(金春(こんぱる)・金剛・喜多)の場合は,千歳(せんざい)の役と面箱(めんばこ)の役を兼ねて狂言方が演じ,上掛(かみがか)り二流(観世・宝生)の場合は,千歳はシテ方が,面箱は狂言方が演ずる。…

※「狂言師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狂言師の関連情報