コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂言師 キョウゲンシ

大辞林 第三版の解説

きょうげんし【狂言師】

能狂言を演ずる役者。 → 狂言方
狂言師 」に同じ。
噓をついて人をだます常習犯。からくりや。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の狂言師の言及

【狂言方】より

…江戸期には大蔵流・鷺流・和泉流の3流が並び立ち,このうち鷺流は大正期に滅びたので,現在は大蔵・和泉の2流が活動している。能楽に携わる演者を総称して能楽師または能役者と称し,狂言方も広義には能楽師,能役者だが,それとは別に狂言方の演者だけをさす狂言師という呼称もある。なお《翁》においては,シテ方が下掛(しもがか)り三流(金春(こんぱる)・金剛・喜多)の場合は,千歳(せんざい)の役と面箱(めんばこ)の役を兼ねて狂言方が演じ,上掛(かみがか)り二流(観世・宝生)の場合は,千歳はシテ方が,面箱は狂言方が演ずる。…

※「狂言師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狂言師の関連キーワード三宅 藤九郎(9代目)茂山 忠三郎(3代目)野村 万之丞(5代目)山本 東次郎(2代目)茂山 千五郎(9代目)茂山 千作(4代目)野村 萬斎(2代目)野村萬蔵(六代目)にほんごであそぼ水木歌仙(初代)多々良 外茂三プレキソ英語小田切 慶陽井上 礼之助王丸 治三郎佐藤 卯三郎善竹 幸四郎善竹 弥五郎高安 雄太郎高安 雄二郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狂言師の関連情報