狂言座(読み)キョウゲンザ

大辞林 第三版の解説

きょうげんざ【狂言座】

能舞台で、橋懸かりが後座あとざに接する部分の奥まった場所。間狂言を演じる役者が控える位置。間座あいざ。 → 能舞台
歌舞伎を演じる劇場。操り芝居のための操り座に対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうげん‐ざ キャウゲン‥【狂言座】

〘名〙
能舞台の位置の名称。後見座に向かって左隣りで、橋懸(はしがかり)の右隅の柱(狂言柱)のもと。間狂言(あいきょうげん)をつとめる狂言師のひかえている定位置。
② 歌舞伎芝居を演じる劇場。人形芝居である操り座に対していう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狂言座の関連情報