橋懸り(読み)はしがかり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橋懸り
はしがかり

能舞台の一部で,本舞台の左手から奥に,斜めに長く延びたところ。「橋掛り」とも書く。鏡の間に通じる。両側に勾欄 (こうらん) があり,手前白州に3本,向う側に2本の若松を植える。舞台の延長として使われる重要な演技の場で,登場人物や囃子方の通路としても使われる。手前の松は,舞台に近いほうから,一の松,二の松,三の松と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の橋懸りの言及

【能舞台】より


[構造・様式]
 一般に能舞台は,約6m四方(正式には京間(きようま)3間すなわち19.5尺四方)の本舞台の四隅に柱を立て,屋根をかける。これにアト座,地謡座,橋掛り(橋懸りとも)をつける。柱のうち目付柱(めつけばしら)はとくに重要で,演者にとっては演技の目標となる。…

※「橋懸り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android