狐忠信(読み)キツネタダノブ

大辞林 第三版の解説

きつねただのぶ【狐忠信】

人形浄瑠璃「義経千本桜」の四段目の通称。また、その登場人物。自分の親の皮を張った鼓を静御前が持っていると知った子狐が、佐藤忠信の姿となって静とともに旅をするというもの。のちに子狐は義経に、源九郎狐と名づけられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きつねただのぶ【狐忠信】

浄瑠璃「義経千本桜」四段目の通称。また、その登場人物。静御前の持つ初音の鼓の皮となった親狐を慕って、その子狐が佐藤忠信に化け、最後に正体をあらわして義経の危難を救う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の狐忠信の言及

【義経千本桜】より

…しかし,構想の中心は義経にはなく,〈親兄の礼を重んずる者が平家の首の内,新中納言知盛,三位中将惟(維)盛,能登守教経,此三人の首は贋者。なぜ偽つて渡したぞ〉(初段)という川越太郎の言葉に示唆されているとおり,焦点は滅びゆく平家の3人の武将の運命に合わされており,それに,いがみの権太と狐忠信の挿話が絡む。なお,初演の際,狐忠信の人形に耳の動く仕掛けが考案され,また,その衣装の模様には,四段目の狐場を語った2世竹本政太夫の源氏車の紋が利用されたと伝えられている(《浄瑠璃譜》)。…

※「狐忠信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android