コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野宗心 かのう そうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野宗心 かのう-そうしん

1568-1620 織豊-江戸時代前期の画家。
永禄(えいろく)11年生まれ。築地小田原町狩野家の祖。狩野松栄(一説に狩野永徳)にまなび,慶長15年(1610)内匠助となる。駿府城の障壁画制作に参加。元和(げんな)6年1月21日死去。53歳。名は種永。通称は甚十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野宗心の関連キーワード狩野大学永禄