コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野探信(2) かのう たんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野探信(2) かのう-たんしん

1785-1836* 江戸時代後期の画家。
天明5年生まれ。狩野探牧の長男。父の跡をうけて鍛冶橋(かじばし)狩野家をつぐ。朝鮮贈呈屏風などの制作にたずさわった。文政8年(1825)法眼(ほうげん)となる。天保(てんぽう)6年12月18日死去。51歳。名は守道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野探信(2)の関連キーワードベルトレビュヒナー(Karl Georg Büchner)三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android