コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独ソ秘密協定 どくソひみつきょうてい

1件 の用語解説(独ソ秘密協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独ソ秘密協定
どくソひみつきょうてい

1939年8月 23日,独ソ不可侵条約と同時に調印された秘密追加議定書を指す。両国によるポーランド分割と,有事の際のバルト諸国における勢力範囲について定めたもの。ドイツが占領していたポーランドの一部の代償に,I.スターリンリトアニアをソ連の勢力範囲として獲得し,さらにエストニアラトビア・リトアニアの3国と相互援助条約を締結して進駐軍送り込むと,傀儡 (かいらい) 政権をつくってソ連邦加盟を採択させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

独ソ秘密協定の関連キーワード独ソ戦独ソ不可侵条約ニザン不可侵条約リッベントロップ不可侵平沼騏一郎内閣独ソ秘密議定書樺太島民の悲劇レフト・ブック・クラブ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone