コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独ソ秘密協定 どくソひみつきょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独ソ秘密協定
どくソひみつきょうてい

1939年8月 23日,独ソ不可侵条約と同時に調印された秘密追加議定書を指す。両国によるポーランド分割と,有事の際のバルト諸国における勢力範囲について定めたもの。ドイツが占領していたポーランドの一部の代償に,I.スターリンはリトアニアをソ連の勢力範囲として獲得し,さらにエストニア・ラトビア・リトアニアの3国と相互援助条約を締結して進駐軍を送り込むと,傀儡 (かいらい) 政権をつくってソ連邦加盟を採択させた。このためバルト3国は,秘密議定書は独立国の主権を無視して締結されたものであり,無効であるとして独立運動を展開した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

独ソ秘密協定の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生第2次世界大戦恐怖映画田坂具隆

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android