コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独眼 ドクガン

大辞林 第三版の解説

どくがん【独眼】

片目。目が片方しか見えないこと。隻眼。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

独眼の関連キーワードホーエンシュタウフェン朝アンティゴノス[1世]フリードリヒ[1世]一竜斎貞山(初代)東北合神ミライガーロタール[3世]アンチゴノス1世アンティゴノス朝伊達政宗(2)横山 まさみちジェームス三木中嶋しゅう加地健太郎河野 寿一一竜斎貞山岩下志麻三浦友和葛西和雄中沢青六横内謙介

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独眼の関連情報