コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村千秋 しもむら ちあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村千秋 しもむら-ちあき

1893-1955 大正-昭和時代の小説家。
明治26年9月4日生まれ。同人誌「十三人」に発表した「ねぐら」で志賀直哉にみとめられ,大正13年「刑罰」を刊行。のち私娼や失業者をえがいた「天国の記録」「街の浮浪者(ルンペン)」はルンペン物流行の先駆となる。昭和27年戦後教育を批判した「中学生」を発表。昭和30年1月31日死去。61歳。茨城県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下村千秋
しもむらちあき
(1893―1955)

小説家。茨城県生まれ。早稲田(わせだ)大学英文科卒業後、同窓の牧野信一らと同人誌『十三人』を創刊。ここに載せた小説『ねぐら』が志賀直哉(なおや)に認められ、以後志賀に傾倒した。第一創作集『刑罰』(1924)を刊行し、昭和期にはプロレタリア文学の影響を受けて同伴者作家として活躍。作品集『天国の記録』(1931)などで、当時の社会問題として顕在化しつつあったルンペン・プロレタリアートを扱い、ルンペン文学流行の先駆となる。戦後は教育問題にも関心を向け、『中学生』(1952)を残した。[柳沢孝子]
『『現代日本文学全集86 昭和小説集1』(1957・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

下村千秋の関連キーワード茨城県稲敷郡阿見町しかも彼等は行く武藤 直治牧野信一

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android