コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独芳清曇 どくほう せいどん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

独芳清曇 どくほう-せいどん

?-1390 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。元(げん)(中国)から来日した清拙正澄(せいせつ-しょうちょう)に師事し,のち元にわたる。帰国後,足利義満(よしみつ)のまねきで京都天竜寺の住持となる。至徳2=元中2年豊後(ぶんご)(大分県)の万寿寺にうつり,のち同国の大智寺の開山となった。明徳元=元中7年8月8日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

独芳清曇の関連キーワード南北朝時代臨済

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android