コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭斜 キョウシャ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しゃ〔ケフ‐〕【狭斜】

《中国の長安で、遊里のあった道幅の狭い街の名から》遊里。色町。「狭斜の巷(ちまた)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうしゃ【狭斜】

〔中国、長安の街の名で、遊里があったことから〕
色町。遊里。 「 -の巷ちまたを徘徊はいかいする」 「服部南郭の昔俗謡を翻した所で、当時猶-の盛を見ることが出来たであろう/伊沢蘭軒 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android