コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭〔狹〕 キョウ

デジタル大辞泉の解説

きょう【狭〔狹〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]キョウ(ケフ)(慣) [訓]せまい せばめる せばまる
間隔や範囲がせまい。「狭隘(きょうあい)狭軌狭義狭窄(きょうさく)狭小
心にゆとりがない。「狭量偏狭
[名のり]さ
[難読]狭霧(さぎり)狭山(さやま)狭間(はざま)

さ【狭/小】

[語素]名詞に付いて接頭語的に用いられ、その物の幅が狭いという意を表す。「―物」「―織り」

せ【狭】

せまいこと。「…も狭に」の形で用いられる。
「山も―に咲けるあしびの悪しからぬ君をいつしか行きてはや見む」〈・一四二八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せ【狭】

〔「せ」は形容詞「さし(狭)」の「さ」と同源〕
せまいこと。「…も狭に」の形で、狭くなるくらいいっぱいにの意で用いる。 「山も-に咲けるあしびの/万葉集 1428

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

狭〔狹〕の関連キーワード宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田ドゥクラングール狭匙で腹を切るスリムベゼル狭野弟上娘子由無し物語中閉じ母音パナマ地峡下り居の帝思ひ直る形見の色優しだつ慰め侘ぶ狭ベゼル異常分娩思ひ止む替へ優りしなたつ源氏の宮閉じ母音