猗頓の富(読み)いとんのとみ

  • いとん
  • の 富(とみ)
  • 猗頓

精選版 日本国語大辞典の解説

(「史記‐貨殖伝」などにみえる猗頓の話から) 莫大な富。巨大な財産。陶朱の富。
※洒落本・後編遊冶郎(1802)発語「陶朱倚頓(イトン)が富(トミ)といふも、おたまりは有べからず」 〔塩鉄論‐復古〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

巨万のをいうことば。また、大金持ちのこと。

[使用例] 節義の欠くるところ、王侯のも屈するあたわず、猗頓の富も誘うべからずして、はじめてもって士と称するに足るのである[穂積陳重*法窓夜話|1926]

[由来] 「孔叢子―陳士義」に出て来る話から。紀元前五世紀、春秋時代の中国でのこと。という国で貧しい生活を送っていた猗頓は、大富豪のとうしゅこうに教えを受けて、たった五匹の家畜から始めて、わずか一〇年で、王や貴族のような莫大な富を築いたということです。また、「史記―貨殖伝」には、猗頓は製塩業で成功したという言い伝えを載せています。

[解説] ここに出て来る陶朱公は、「陶朱の富という故事成語の主人公。この二人はよく並称されます。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android