コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発語 ハツゴ

4件 の用語解説(発語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はつ‐ご【発語】

[名](スル)
言い始めること。言語を発すること。ほつご。
言い出しや書き出しに用いる語。「いざ」「さて」「それ」など。
ある意味を添え、また語調をよくするための接頭語。「い行く」の「い」、「さ夜中」の「さ」など。

ほつ‐ご【発語】

はつご(発語)」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はつご【発語】

( 名 ) スル
〔「ほつご」とも〕
言い出すこと。また、発言。 「『ストウヴ』に近づき…-して曰く/月世界旅行
談話や文章の言い出しに用いる語。「さて」「いざ」「それ」「では」の類。
言語・聴覚障害者が音声言語を話すこと。 → 口話
「そ知らぬ」「か細い」「い行く」「さ霧ぎり」などの「そ」「か」「い」「さ」という接頭語の別名。語調を整えたり、軽い意味を添えたりする。
平安時代、枕詞に与えられた名称。

ほつご【発語】

言いだすこと。また、言い始めの言葉。
はつご(発語) 」に同じ。
はつご(発語) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発語の関連キーワード言い始める・言始める開局開庁始業発動言出す言始める打始める押っ始める手習い始め

発語の関連情報