コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪瀬東寧 いのせ とうねい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪瀬東寧 いのせ-とうねい

1838-1908 幕末-明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)9年10月5日生まれ。京都の日根対山にまなぶ。明治14年,36年の内国勧業博覧会で受賞。30年川村雨谷らと東京南画会を結成した。明治41年4月23日死去。71歳。下総(しもうさ)豊田郡(茨城県)出身。名は恕。字(あざな)は如心。別号に専斎,晩香堂。作品に「山水八曲屏風(びょうぶ)」,著作に「名蹟撮要」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

猪瀬東寧の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android