コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪熊功 いのくま いさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪熊功 いのくま-いさお

1938-2001 昭和後期-平成時代の柔道選手,指導者。
昭和13年2月4日生まれ。東京教育大4年の昭和34年全日本選手権で優勝。38年2回目の優勝。39年東京五輪の重量級金メダル。40年世界選手権の無差別級で優勝。背負い投げを得意とし,神永昭夫とともに一時代をきずく。警視庁師範などをへて,東海大教授。平成5年東海建設社長。平成13年9月28日自殺。63歳。神奈川県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

猪熊功の関連キーワード東京オリンピック競技大会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猪熊功の関連情報