猪熊功(読み)いのくま いさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪熊功 いのくま-いさお

1938-2001 昭和後期-平成時代の柔道選手,指導者。
昭和13年2月4日生まれ。東京教育大4年の昭和34年全日本選手権で優勝。38年2回目の優勝。39年東京五輪の重量級金メダル。40年世界選手権の無差別級で優勝。背負い投げを得意とし,神永昭夫とともに一時代をきずく。警視庁師範などをへて,東海大教授。平成5年東海建設社長。平成13年9月28日自殺。63歳。神奈川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猪熊功の関連情報