コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿山岬 さるやまみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猿山岬
さるやまみさき

石川県能登半島北西岸の深見吉浦の間にある岬。輪島市に属する。猿山 (333m) が急崖をなして日本海に臨む外浦の景勝地の一つ。秘境とされてきたが,遊歩道が通じ,猿山灯台がある。能登半島国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕猿山岬(さるやまみさき)


石川県能登(のと)半島の北西部にある岬。猿山岬灯台がある。能登外浦(そとうら)でも北西の季節風がもっとも厳しく、標高差100~200mの海食崖(かいしょくがい)が続く。七浦(しつら)の海岸以南は道路が途絶した秘境。北5kmに皆月(みなつき)青少年旅行村がある。能登半島国定公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿山岬
さるやまみさき

石川県能登(のと)半島の北西端にある岬。輪島(わじま)市門前町(もんぜんまち)地区に属す。日本海に約200メートルの急崖(きゅうがい)で臨み、地名は猿の多く住む山に由来するといわれる。落葉樹が豊かな奥能登唯一の植生叢(しょくせいそう)自然林で、未踏の自然が残され、能登半島国定公園の特別保護地区となっている。1920年(大正9)猿山灯台が設けられたが、交通は輪島港から舟によった。現在は林道、自然歩道が通じる。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

猿山岬の関連キーワード門前[町]季節風海食崖輪島皆月門前

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猿山岬の関連情報