コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿山岬 さるやまみさき

3件 の用語解説(猿山岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猿山岬
さるやまみさき

石川県能登半島北西岸の深見と吉浦の間にある岬。輪島市に属する。猿山 (333m) が急崖をなして日本海に臨む外浦の景勝地の一つ。秘境とされてきたが,遊歩道が通じ,猿山灯台がある。能登半島国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕猿山岬(さるやまみさき)


石川県能登(のと)半島の北西部にある岬。猿山岬灯台がある。能登外浦(そとうら)でも北西の季節風がもっとも厳しく、標高差100~200mの海食崖(かいしょくがい)が続く。七浦(しつら)の海岸以南は道路が途絶した秘境。北5kmに皆月(みなつき)青少年旅行村がある。能登半島国定公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿山岬
さるやまみさき

石川県能登(のと)半島の北西端にある岬。輪島(わじま)市門前町(もんぜんまち)地区に属す。日本海に約200メートルの急崖(きゅうがい)で臨み、地名は猿の多く住む山に由来するといわれる。落葉樹が豊かな奥能登唯一の植生叢(しょくせいそう)自然林で、未踏の自然が残され、能登半島国定公園の特別保護地区となっている。1920年(大正9)猿山灯台が設けられたが、交通は輪島港から舟によった。現在は林道、自然歩道が通じる。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猿山岬の関連キーワード禄剛崎能登能登縮巌門能登空港能登金時石川県鹿島郡能都〈町〉石川県七尾市能登島向田町石川県鳳珠郡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

猿山岬の関連情報