コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄武岩質層 げんぶがんしつそう

百科事典マイペディアの解説

玄武岩質層【げんぶがんしつそう】

地殻の下部にある層。地殻は,大陸地域で上下2層からなり,下層は10〜20kmの厚さで広がり,大洋地域ではこの下層に相当するものだけからなる。この層での地震波の縦波の速度はおよそ毎秒6.5〜7kmで,岩石密度は2.8〜3.0g/cm3と推定され,このことからこの層が玄武岩であり得るとされた。ただし,人によっては同じ化学組成,同じ密度の深成岩の名をとって斑レイ岩質層ともいう。現在この用語はほとんど使われない。
→関連項目玄武岩コンラッド不連続面シアル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玄武岩質層
げんぶがんしつそう

地殻を構成する層のうち、P波(地震波)の速度が毎秒6.5~7キロメートル程度の層のこと。大陸や弧状列島地域では地殻のほぼ下半分がこれに相当し、その上面すなわち花崗(かこう)岩質層との境界は、発見したオーストリアの地震学者コンラッドV. Conradの名をとってコンラッド不連続面とよばれる。海洋地殻においては、全体の厚さの約4分の3を占めるもっとも重要な層である。玄武岩や斑糲(はんれい)岩など、いわゆる塩基性岩からなるとされており、ケイ素とマグネシウムに富むのでシマsimaとよぶこともある。地震波速度が似ていても、大陸地殻と海洋地殻の玄武岩質層は、形成された年代や過程が異なるまったく別のものであることは、注意すべきである。[吉井敏尅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の玄武岩質層の言及

【地殻】より

…岩石中を伝わる地震波速度との比較から,大陸地殻上部は,花コウ岩的な酸性岩よりなると考えられ,花コウ岩質層と呼ばれる。一方,大陸地殻下部や海洋地殻は,斑レイ岩(玄武岩質の深成岩)的な塩基性岩よりなると考えられ,玄武岩質層と呼ばれる。海洋地殻については,蛇紋岩よりなるとの考えもある。…

※「玄武岩質層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

玄武岩質層の関連キーワード花崗岩質層海洋地殻深成岩吉井シマ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android