コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄海(2) げんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄海(2) げんかい

1267-1347 鎌倉-南北朝時代の僧。
文永4年生まれ。19歳で高野山の宝性院をつぐ。瓊算(けいさん)より伝法灌頂(でんぽうかんじょう)をうける。真言各派の密教のほか華厳(けごん),天台などもまなび学頭となる。後醍醐(ごだいご)天皇に信任され法印にのぼった。高野八傑のひとり。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年3月17日死去。81歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。俗姓は高志(こし)。字(あざな)は真乗,信照。著作に「大疏科文(だいしょかもん)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玄海(2)の関連キーワード玄海小笠原貞宗東福寺サイバー犯罪後宇多天皇孤雲懐奘後藤基政佐々木重綱素妙徹通義介

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玄海(2)の関連情報