コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルートウィヒ4世[バイエルン公] ルートウィヒよんせい[バイエルンこう]Ludwig IV, der Bayer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルートウィヒ4世[バイエルン公]
ルートウィヒよんせい[バイエルンこう]
Ludwig IV, der Bayer

[生]1283. ハイデルベルク?
[没]1347.10.11. ミュンヘン近郊
バイエルン公 (在位 1294~1347) ,ドイツ王,神聖ローマ皇帝 (在位 14~47) 。ウィッテルスバハ家出身の唯一の皇帝。兄ルドルフとバイエルン領有を争い,1310年領地分割により決着。 14年皇帝に選出されたが,対立国王ハプスブルク家のフリードリヒ3世 (美王) の挑戦を受け,14~22年これを打ち破った。さらにアビニョンの教皇庁も彼の帝位を否定し,破門を宣言したので,27~30年イタリアに出兵して教皇勢力と戦い,27年にはローマ民衆代表の参集下に,神聖ローマ帝冠を受けた。これを機会に選帝侯たちは,皇帝選出に際しての教皇介入権を認めないことを決議した (38) 。晩年にはブランデンブルク,チロル,ホラント,エノーなどを家領に加えたが,その強引な所領拡大政策は諸侯の反感を招き,46年には対立国王としてルクセンブルク家のカルル4世が立てられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルートウィヒ4世[バイエルン公]の関連キーワードルクセンブルク家ブランデンブルクアビニョンホラント教皇庁エノーカルル在位

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android