コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフマニー朝 バフマニーちょうBahmanī

2件 の用語解説(バフマニー朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフマニー朝
バフマニーちょう
Bahmanī

インド,デカン地方全域を支配したムスリム王朝 (1347~1527) 。デリー・サルタナットトゥグルク朝第2代の王ムハンマド・ビン・トゥグルクの治世末期に,デカンに配置されていた地方長官が反乱を起し,1347年トゥグルク朝から独立して創始した。都はグルバルガー,のちビーダル。第9代の王アフマド・シャー1世 (在位 1422~35) の時代に現在のアフマドナガル市を建設し,そこに都した。建国当初から王側近の貴族,権臣の間には出身地 (西アジアとインド) によって二大派閥が形成され,宮廷の実権をめぐる争いにより政情は不安定であったが,第 13代の王ムハンマド・シャー3世 (在位 63~82) によって宰相に登用されたマフムード・ガーワーンの働きにより,政局は一時安定した。しかし,讒訴によってガーワーンが処刑されると,再び王室は乱れ,15世紀末からは各地方の長官がそれぞれ独立勢力と化し,ついに王朝は倒れ,王国はベラール,ビジャープル,アフマドナガル,ゴルコンダ,ビーダルの5王国に分割された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バフマニーちょう【バフマニー朝 Bahmanī】

14世紀半ばに成立したインドのデカン地方最初のイスラム系王国。1347‐1527年。バフマンBahman朝とも呼ばれるデリーを拠点とするトゥグルク朝第2代王ムハンマド・ブン・トゥグルクの内政,軍事遠征の失敗に乗じて,1347年デカン地方に派遣されていたアフガン出身のトルコ系太守アラー・ウッディーン・ハサン‘Alā’ al‐Dīn Ḥasanは〈バフマン・シャーBahman Shāh〉と称して独立を宣言,首都をグルバルガにおく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone