コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス6世 ヨハネスろくせい Johannes VI Cantacuzenus

2件 の用語解説(ヨハネス6世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス6世
ヨハネスろくせい
Johannes VI Cantacuzenus

[生]1292
[没]1383.6.15.
ビザンチン皇帝 (在位 1347~54) 。ヨハンネス (ヨアンネス) 6世とも呼ばれる。カンタクゼヌス家出身で,1328~41年アンドロニクス3世の政治顧問をつとめ,司法上の諸改革,エピルステッサリアの領土回復などすぐれた業績をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヨハネス6世
ヨハネスろくせい
Johannes VI

[生]?. ギリシア?
[没]705.1.11. ローマ
ギリシア出身とされる第85代教皇(在位 701~705)。701年10月に教皇として登位。ビザンチン帝国の総督テオフィラクツスがシチリア島からイタリア本土に侵攻した際,反発するイタリア人からテオフィラクツスを保護した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネス6世の関連キーワード階乗スターリングの補間公式エヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸ハンフリー系列Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone