コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス6世 ヨハネスろくせいJohannes VI Cantacuzenus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス6世
ヨハネスろくせい
Johannes VI Cantacuzenus

[生]1292
[没]1383.6.15.
ビザンチン皇帝 (在位 1347~54) 。ヨハンネス (ヨアンネス) 6世とも呼ばれる。カンタクゼヌス家出身で,1328~41年アンドロニクス3世の政治顧問をつとめ,司法上の諸改革,エピルス,テッサリアの領土回復などすぐれた業績をあげた。アンドロニクス3世の死後,9歳の幼児皇帝ヨハネス5世の摂政となった。しかし同皇帝の母アンナと対立,41年 10月反対皇帝を名のり,6年間の内乱後,トルコ軍の協力を得て首都コンスタンチノープル入城を果し,47年5月ヨハネス5世と並んで即位,実権を握った。ヨハネス5世との共治は前途を不安にしたが,即位7年後,ベネチアと同盟を結んだヨハネス5世に地位を追われ,首都のマンガナ修道院に入った。そこで神学上の著作,回想録および 1320~57年頃までを扱った『歴史』 Historiaを著わし,歴史家としてもすぐれた業績を残した。

ヨハネス6世
ヨハネスろくせい
Johannes VI

[生]?. ギリシア?
[没]705.1.11. ローマ
ギリシア出身とされる第85代教皇(在位 701~705)。701年10月に教皇として登位ビザンチン帝国の総督テオフィラクツスがシチリア島からイタリア本土に侵攻した際,反発するイタリア人からテオフィラクツスを保護した。ベネベントのジスルフォ公がローマの領地南部との境界を越えて侵攻すると,捕虜救出のため身代金を支払い,金銭を贈って撤退を迫った。1通だけ現存するヨハネス6世の手紙には,ヨークの司教ウィルフリドの追放を撤回する命令が記されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨハネス6世の関連キーワードヨハネス(5世)パレオロゴス朝カンタクジノ家ハルメノプロスヨアンネスカバシラスゼロタイ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android