玄翁・源翁(読み)げんのう

精選版 日本国語大辞典「玄翁・源翁」の解説

げんのう ゲンヲウ【玄翁・源翁】

(「げんおう」の連声(れんじょう))
[1] 南北朝時代の曹洞宗。諱(いみな)は心昭。越後の人。総持寺の峨山紹碩(がざんしょうせき)に師事し、伯耆国の退林寺、下野国の泉渓寺などを開山。下野国那須野が原の殺生石を打ち砕いた故事は、謡曲「殺生石」の題材となる。嘉暦元~応永三年(一三二六‐九六
[2] 〘名〙 (「玄能」はあて字) 玄翁和尚がこれで殺生石を砕いたという伝説に由来した鉄製の鎚。矢割や玄翁払いに用いる石工用と、釘打ち、のみ叩(たた)き、木殺しなどに用いる大工用とがある。
柴田退治記(1583)「以鋤鍬玄翁鶴觜崩磊築地

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android