コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伯耆国 ほうきのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伯耆国
ほうきのくに

現在の鳥取県西半部。山陰道の一国。上国。『旧事本紀』によれば,成務天皇のときに波伯 (ははき) 国造が置かれたという。天神川流域一帯には古代の遺跡が多く,国造の居住地も現在の東伯郡,倉吉市一帯を中心とした地域であったとみられる。国府は倉吉市国府。国分寺は倉吉市国分寺。一宮は東伯郡湯梨浜町東郷鎮座の倭文 (しどり) 神社。『延喜式』には河村,久米,八橋などの6郡,『和名抄』には 38郷,田 8161町を載せている。平安時代末期には西伯郡の大山寺 (だいせんじ) ,東伯郡の三徳山三仏寺の僧兵が武力をもって活躍した。のちに後醍醐天皇が隠岐島を脱出したとき,この地の豪族名和長年船上山に天皇を迎えたが,大山寺の衆徒もこれに協力した。鎌倉時代の守護には,初め金持氏,のち北条時輔,蘆名氏を経て,末期に六波羅探題北条時益が就任している。建武政府下では名和長年が国守として勢威があったが,南北朝時代以降山名氏が守護として支配した。やがて室町時代末期になると南条氏が台頭し,さらに尼子氏も勢力をふるうようになったが,西方の毛利氏も勢力を伸ばし,戦国争乱の様相を呈した。豊臣秀吉のとき南条氏が封じられたが,関ヶ原の戦いののち米子に中村氏,矢橋に市橋氏,黒坂に関氏,倉吉に里見氏が封じられた。元和3 (1617) 年には池田光政が入国。その後寛永9 (1632) 年には池田光仲が伯耆,因幡 32万石の領主となり幕末にいたった。明治4 (1871) 年の廃藩置県後,鳥取県となり,1876年一時島根県に合併されたが,1881年再び鳥取県となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうき‐の‐くに〔はうき‐〕【伯耆国】

伯耆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

伯耆国【ほうきのくに】

旧国名。伯州とも。山陰道の一国。現在の鳥取県西部。《延喜式》に上国,6郡。国府は現在の倉吉市。中世の守護は北条・山名氏ら。戦国期に尼子・毛利氏らが支配。近世は池田氏の鳥取藩領のうち。
→関連項目会見[町]中国地方東郷荘鳥取[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ほうきのくに【伯耆国】

現在の鳥取県西半部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で山陰道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からの距離では中国(ちゅうごく)とされた。国府は現在の倉吉(くらよし)市国府(こう)、国分寺は同市国分寺(こくぶんじ)におかれていた。鎌倉時代守護北条(ほうじょう)氏、その後、隠岐(おき)を脱出した後醍醐(ごだいご)天皇を奉じて船上山(せんじょうさん)に籠(こも)った名和長年(なわながとし)が入り、室町時代には山名氏が支配を確立した。戦国時代には尼子(あまこ)氏毛利(もうり)氏との争奪の地となった。江戸時代初期に米子(よなご)藩、倉吉藩など諸藩に分割されたが、池田氏が因幡(いなば)国(鳥取県)に入ると、当地も鳥取藩の支配下におかれ、幕末に至った。1871年(明治4)の廃藩置県により鳥取県となった。1876年(明治9)に島根県に併合されたが、1881年(明治14)に再び鳥取県に統合された。◇伯州(はくしゅう)ともいう。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうきのくに【伯耆国】

旧国名。伯州。鳥取県の西半部。
【古代】
 山陰道に属する上国(《延喜式》)。律令制では河村,久米,八橋(やばせ),汗入(あせり),会見(あいみ),日野の6郡,48郷からなり,国府は天神川の支流国府川(こうがわ)流域の久米郡八代(やしろ)郷(現,倉吉市国府(こう))におかれた。倉吉平野を北流して日本海に注ぐ天神川流域周辺は,大化前代以来政治・文化の一中心地で,多数の古墳が分布し,条里制遺構も顕著で,国府周辺の国分寺をはじめ古廃寺跡も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伯耆国
ほうきのくに

山陰道八か国の一つ。現在の鳥取県の中・西部。東を因幡(いなば)、西を出雲(いずも)、南は美作(みまさか)・備中(びっちゅう)・備後(びんご)に接し、北は日本海に面している。東に天神川、西に日野川が流れ下流に平野を形成し、海岸には北条(ほうじょう)砂丘や弓ヶ浜半島が発達しているが、大山(だいせん)火山群・中国山地を背にした山がちの国である。大山山麓(さんろく)から尖頭器(せんとうき)が発見され、さらに西の目久美(めぐみ)(米子(よなご)市)、東の島(しま)(北栄(ほくえい)町)などの平野の縄文遺跡が注目される。弥生(やよい)遺跡は平野を中心に分布し、銅鐸(どうたく)・銅剣ともに出土している。倉吉(くらよし)市の阿弥大寺(あみだいじ)遺跡の四隅突出型墳丘墓は弥生末期の墳墓である。東郷池周辺の北山・馬山(うまのやま)古墳は山陰で最大級の前方後円墳である。米子市の福市(ふくいち)・青木遺跡は大規模な古墳時代集落跡と知られている。律令(りつりょう)制下の伯耆国は、河村、久米(くめ)、八橋(やばせ)、汗入(あせり)、会見(あいみ)、日野(ひの)の6郡に48郷があり、国府は久米郡八代郷(倉吉市)に設けられた。古代末期には大山、三徳山(みとくさん)が山岳仏教の霊場として栄え、また、紀成盛(きのなりもり)、小鴨基康(おがももとやす)など在地豪族の武士化もみられた。鎌倉時代は北条氏一族が守護に兼補された。京都加茂社の会見郡星河荘(しょう)、久米郡稲積(いなづみ)荘、松尾社の東郷荘など因幡に比べて荘園が発展している。鎌倉末期になると在地領主の荘園押領(おうりょう)が激しくなる。東郷荘の下地中分はその典型的な例である。
 1333年(元弘3・正慶2)後醍醐(ごだいご)天皇を奉じて船上山(せんじょうさん)に籠(こも)った名和長年(なわながとし)は、建武(けんむ)新政で重要な地位につき、伯耆の守護も兼ねた。しかし、1337年(延元2・建武4)北朝方の山名時氏(やまなときうじ)が伯耆守護に任じられ、山名一族の領国支配が確立する。しかし、応仁(おうにん)の乱のころから一族の内紛、国人層の反乱が続き、さらに、出雲に台頭した尼子(あまご)氏の伯耆進出によって山名氏は没落した。1563年(永禄6)東進する毛利(もうり)氏は尼子氏を破り、戦国末期には毛利氏の支配下にあった。羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉の鳥取城攻めにより、東は秀吉方の南条氏、西は毛利方の吉川(きっかわ)氏が封じられた。関ヶ原の役後、駿河(するが)から中村忠一(ただかず)が米子城に入った。その後、小大名の分割統治もあったが、1617年(元和3)池田光政(みつまさ)が、さらに1632年(寛永9)一族の池田光仲(みつなか)が鳥取城主となり因幡・伯耆2国がその領国となった。池田氏は、伯耆の要地、米子、倉吉、八橋、松崎に重臣を配置し、自分手政治という委任統治を行った。鉄と綿・木綿(もめん)が二大産物であり、鉄は近世初頭から日野郡を中心に、綿・木綿は中期以降弓ヶ浜半島など砂丘地の開発とともに急速に発達し、境港(さかいみなと)はそれらの積出し港として発達した。倉吉の稲扱千歯(いねこきせんば)は幕末に盛んになった特産物である。因伯2国の鳥取藩は池田氏の支配が続き、1871年(明治4)廃藩置県によって鳥取県となり、島根県との合併を経て81年鳥取県を再置、今日に及んでいる。[福井淳人]
『『鳥取県史』全18巻(1967~82・鳥取県) ▽鳥取県編『鳥取県郷土史』(1932・鳥取県/復刻版・1973・名著出版) ▽山中寿夫著『鳥取県の歴史』(1970・山川出版社) ▽徳永職男他著『ふるさとの歴史――江戸時代の因・伯』上下(80・新日本海新聞社) ▽『角川日本地名大辞典 31 鳥取県』(1982・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伯耆国の関連キーワード鳥取県西伯郡伯耆町金屋谷鳥取藩元文一揆粟島(鳥取県)西村 荘一郎山下 慶次郎足立 儀代松諸遊 弥九郎亀井 甚三郎鳥取県倉吉市生田 文一郎宮本 包則倉吉[市]西谷 金蔵川合 清丸大谷 船山井田 武雄伯耆国府跡松原岩五郎越智 専明中村 枝幸

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伯耆国の関連情報