コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉堂宗条 ぎょくどう そうじょう

2件 の用語解説(玉堂宗条の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉堂宗条 ぎょくどう-そうじょう

1480-1561 戦国時代の僧。
文明12年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)の人。休翁宗万(きゅうおう-そうまん)の法をつぎ,京都の臨済宗(りんざいしゅう)大徳寺の住持となる。大内義隆の招きで周防(すおう)(山口県)竜福寺にうつり,天文(てんぶん)20年義隆の自刃(じじん)に際し,後年「玉堂肩衝(かたつき)」とよばれる大名物(おおめいぶつ)茶入れをもって豊後(ぶんご)(大分県)大友氏のもとにのがれた。永禄(えいろく)4年1月17日死去。82歳。諡号(しごう)は仏徳大輝禅師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

玉堂宗条

没年:永禄4.1.17(1561.2.1)
生年:文明13(1481)
戦国時代の臨済宗の僧。諡号は仏徳大輝禅師。美濃(岐阜県)の人。休翁宗万に参じて法嗣となり,大内氏の外護の下,師の後を継いで周防(山口県)竜福寺の住持となった。のち上京し,天文5(1536)年閏10月6日に大徳寺の第92世となった。文筆に優れ墨跡を多く残し,また茶人との交流もあった。なお,水戸徳川家に伝わる大名物の唐物茶入れ「玉堂肩衝」は,はじめ大内義隆より玉堂に寄進されたものであったとのいい伝えによりこの名がある。

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉堂宗条の関連キーワード木幡雅遠戦国戦国七雄大炊御門経名傑山道逸賢正性守仟遍智恩坊徹岫宗九

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone