コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉川千之丞 たまがわ・せんのじょう

朝日日本歴史人物事典の解説

玉川千之丞

生年:生没年不詳
寛文期(1661~73)の歌舞伎役者。初期野郎歌舞伎で女形芸を大成したという。特に江戸歌舞伎に女形芸を取り入れた点で功績がある。美貌で舞や小歌に優れ,非常に人気があった。当たり狂言は「河内通」など。3代(4代とも)まであるが,いずれも初代におよばなかった。<参考文献>竹内道敬『初世玉川千之丞』(『近世芸能史の研究』)

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

玉川千之丞の関連キーワード三保木儀左衛門(初代)出来島小ざらし(初代)玉川千之丞(2代)三保木儀左衛門道成寺(能)小舞庄左衛門若衆歌舞伎玉川さらし玉川主膳玉川歌仙道成寺物野郎虫内証帳

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android