コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉川千之丞 たまがわ・せんのじょう

1件 の用語解説(玉川千之丞の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

玉川千之丞

生年:生没年不詳
寛文期(1661~73)の歌舞伎役者。初期野郎歌舞伎で女形芸を大成したという。特に江戸歌舞伎に女形芸を取り入れた点で功績がある。美貌で舞や小歌に優れ,非常に人気があった。当たり狂言は「河内通」など。3代(4代とも)まであるが,いずれも初代におよばなかった。<参考文献>竹内道敬『初世玉川千之丞』(『近世芸能史の研究』)

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉川千之丞の関連キーワード歌舞伎役者離れ狂言鎌倉新蔵作屋九兵衛袖島市弥(初代)玉井権八中川金之丞中村勘之丞平井静馬三国彦作(2代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone