玉川千之丞(読み)たまがわ・せんのじょう

朝日日本歴史人物事典の解説

玉川千之丞

生年:生没年不詳
寛文期(1661~73)の歌舞伎役者。初期野郎歌舞伎で女形芸を大成したという。特に江戸歌舞伎に女形芸を取り入れた点で功績がある。美貌で舞や小歌に優れ,非常に人気があった。当たり狂言は「河内通」など。3代(4代とも)まであるが,いずれも初代におよばなかった。<参考文献>竹内道敬『初世玉川千之丞』(『近世芸能史の研究』)

(今西晶子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android