コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉置半右衛門 たまおき はんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉置半右衛門 たまおき-はんえもん

1838-1910 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)9年10月1日生まれ。明治19年東京府知事高崎五六(ごろく)の火山列島視察に便乗し,無人島鳥島(東京都)に渡島,以後アホウドリの羽毛採取などの事業をおこす。33年南大東島(沖縄県)にわたって開拓をおこない,製糖業をいとなむ。明治43年11月1日死去。73歳。伊豆八丈島(東京都)出身。号は信天翁。姓は「たまき」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の玉置半右衛門の言及

【大東諸島】より

…いずれも隆起環礁の島で,全面が琉球石灰岩で覆われる。古くは無人島であったが,1885年日本領土に編入され,1900年八丈島出身の玉置半右衛門らにより開拓が始まった。県下で最大のサトウキビの単作地域である。…

※「玉置半右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉置半右衛門の関連キーワード南大東(村)北大東(村)玉置信天翁大東諸島沖山権蔵明治時代実業家天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android