コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉置環斎 たまき かんさい

2件 の用語解説(玉置環斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

玉置環斎

画家。文政12年(1829)江戸生。通称清之進。画を戸塚茗渓の門に学ぶ。明治年間の人。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉置環斎 たまき-かんさい

1829-1912 明治時代の書画鑑定家。
文政12年生まれ。絵を讃岐(さぬき)高松藩士戸塚茗渓にまなび,幕臣浅野長祚(ながよし)につかえる。おおくの古書画をみて鑑識にすぐれた。維新後一時は政府に勤務。晩年内国勧業博覧会に行書を出品し,入賞したという。大正元年9月14日死去。84歳。武蔵(むさし)尾久(東京都)出身。本姓は安井。通称は清之進。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

玉置環斎の関連キーワード入江石亭前田香雪畠山光政佩文斎書画譜鑑定家安西雲煙柏木貨一郎河津山白蜷川親胤畠山桂花

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone