コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉置環斎 たまき かんさい

美術人名辞典の解説

玉置環斎

画家。文政12年(1829)江戸生。通称清之進。画を戸塚茗渓の門に学ぶ。明治年間の人。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉置環斎 たまき-かんさい

1829-1912 明治時代の書画鑑定家。
文政12年生まれ。絵を讃岐(さぬき)高松藩士戸塚茗渓にまなび,幕臣浅野長祚(ながよし)につかえる。おおくの古書画をみて鑑識にすぐれた。維新後一時は政府に勤務。晩年内国勧業博覧会に行書を出品し,入賞したという。大正元年9月14日死去。84歳。武蔵(むさし)尾久(東京都)出身。本姓は安井。通称は清之進。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉置環斎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android