コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王国基本法 おうこくきほんほうLois fondamentales du royaume

世界大百科事典 第2版の解説

おうこくきほんほう【王国基本法 Lois fondamentales du royaume】

フランス国王の絶対的君主権を制限し,国王といえども変更できなかった慣習的諸規制の総体をいう。その基本理念は,王朝の持続と王冠の独立という二つに集約される。諸規制のリストは成文化されなかったが,次の8点にまとめられる。(1)フランスの政体は男系長子相続による世襲君主制である。(2)女性ならびに庶子は王位相続から除外される。これはサリカ法典によるもので,1358年に援用され,1593年に追認された。(3)国王の成年は13歳とされ,未成年の間には摂政がおかれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の王国基本法の言及

【憲法】より

…市民革命期の思想が,形式的意味の憲法を重視したことには,きわめて大きな実質的・歴史的意義があった。フランスについて見ると,14世紀以来,王位継承と課税権に関連する不文の王国基本法(lois du royaume,lois fondamentales,lois constitutionnellesとよばれた)とその他の王法(lois du roi)を区別し,前者は国王によっても改変できないと考えられていたが,それは,(3)のかぎりでの標識はすでに意識されていた,ということを意味する。それに対し,18世紀になって,チュルゴや〈フィロゾーフ〉たち(18世紀フランスの啓蒙思想家たち)がそれぞれの立場から,〈フランス王国には憲法がない〉というときには,(1)ないし(2)の標識を重視した。…

※「王国基本法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

王国基本法の関連キーワードカペー朝高等法院

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android