コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現金掛け値なし ゲンキンカケネナシ

デジタル大辞泉の解説

現金(げんきん)掛(か)け値(ね)なし

掛け売りをしないで、正札どおりに現金取引で商品を売ること。元禄(1688~1704)ごろ、江戸の呉服店三井越後屋が始めたという商法。
うそいつわりのないこと。正真正銘

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんきんかけねなし【現金掛け値なし】

掛け売りをやめて現金取引とする一方、掛け値をやめて公正な価格とする販売方法。元禄(1688~1704)頃、江戸の呉服店三井越後屋が始めたという。
転じて、うそいつわりのないこと。正真正銘であること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

現金掛け値なしの関連キーワード安居院庄七三井高利百貨店現金

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現金掛け値なしの関連情報