彼氏(読み)かれし

精選版 日本国語大辞典「彼氏」の解説

かれ‐し【彼氏】

[1] 〘名〙 昭和初期の流行語。徳川夢声造語で、「」に敬称の「氏」を添えたものだが、一般には、むしろからかいの感じを含めて用いられた。彼。あの人。
※漫談集(1929)見習諸勇列伝の巻〈徳川夢声〉「ここに於て、彼氏(カレシ)を一名、アイアン・クロウ(鉄の爪)と尊称することに相成った」
[2] 〘名〙 つきあっている男の恋人。また、愛人。彼。
※ひかげの花(1934)〈永井荷風〉一三「母さんの彼氏(カレシ)…」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「彼氏」の解説

かれ‐し【彼氏】

[代]三人称の人代名詞。あの人。あいつ。いくぶんふざけた感じでいう語。「彼氏もなかなかやるね」⇔彼女
[名]恋人である男性。「彼女」に対する昭和初期の造語。徳川夢声の用いはじめたものという。「彼氏ができる」⇔彼女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android