彼氏(読み)カレシ

デジタル大辞泉の解説

[代]三人称の人代名詞。あの人。あいつ。いくぶんふざけた感じでいう語。「彼氏もなかなかやるね」⇔彼女
[名]恋人である男性。「彼女」に対する昭和初期の造語。徳川夢声の用いはじめたものという。「彼氏ができる」⇔彼女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

昭和の初め頃から流行した語 三人称。彼。あの人。あの男。多少からかいの気持ちを含めて用いられる。 ⇔ 彼女 -、この頃さっぱり遊びに来なくなった 見知らぬ男性に対する卑俗な呼称として用いられることもある。ねえ-、急いでどこへ行くの
(ある女性の)恋人である男性。彼。 ⇔ 彼女 -ができる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘代名〙 昭和初期の流行語。徳川夢声の造語で、「彼」に敬称の「氏」を添えたものだが、一般には、むしろからかいの感じを含めて用いられた。彼。あの人。
※漫談集(1929)見習諸勇列伝の巻〈徳川夢声〉「ここに於て、彼氏(カレシ)を一名、アイアン・クロウ(鉄の爪)と尊称することに相成った」
[2] 〘名〙 つきあっている男の恋人。また、愛人。彼。
※ひかげの花(1934)〈永井荷風〉一三「母さんの彼氏(カレシ)…」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彼氏の関連情報