理会(読み)リカイ

デジタル大辞泉の解説

り‐かい〔‐クワイ〕【理会】

[名](スル)物事の道理を会得すること。悟ること。
「我々が自然の意義目的を―するのは」〈西田・善の研究〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りかい【理会】

( 名 ) スル
〔「理解会得りかいえとく」から〕
物事の道理をさとりのみこむこと。合点。 「人は自己の中にある理に由つて宇宙成立の原理を-することができる/善の研究 幾多郎」 → 理解

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

理会の関連情報