コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理会 リカイ

デジタル大辞泉の解説

り‐かい〔‐クワイ〕【理会】

[名](スル)物事の道理を会得すること。悟ること。
「我々が自然の意義目的を―するのは」〈西田・善の研究〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りかい【理会】

( 名 ) スル
〔「理解会得りかいえとく」から〕
物事の道理をさとりのみこむこと。合点。 「人は自己の中にある理に由つて宇宙成立の原理を-することができる/善の研究 幾多郎」 → 理解

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

理会の関連キーワード悔・海・乖・介・会・偕・喙・回・塊・壊・壞・廻・快・怪・恢・悔・懐・懷・戒・拐・改・晦・會・械・楷・海・潰・灰・界・皆・絵・繪・芥・解・誡・誨・諧・開・階・魁俚・利・吏・履・理・痢・罹・裏・詈・里・離三菱電機ビルテクノサービス[株]相鉄アーバンクリエイツヤマトコーポレーション日本賃貸住宅管理協会日本空港ビルデング海外技術研修員事業東急リロケーション長谷工コミュニティ日本管理会計学会朝日ビルディング日本ハウズイング中央選挙管理会選挙管理委員会日本総合住生活新生ビルテクノキング通信工業直接原価計算大星ビル管理

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

理会の関連情報