理慶(読み)りけい

朝日日本歴史人物事典の解説

理慶

没年:慶長16.8.17(1611.9.23)
生年:享禄3(1530)
戦国時代の女性。甲斐武田氏の一族勝沼信友の娘。俗名は松葉。武田信玄とはいとこの関係に当たる。雨宮氏に嫁したが,父信友が永禄3(1560)年に武田信虎に叛いて滅ぼされたため,離縁された。その後,柏尾山大善寺(山梨県勝沼町)の慶紹阿闍梨について出家,寺内の桂樹庵に居住し修道生活を送った。著作として,かつて乳母を務めたことのある武田勝頼が天正10(1582)年,天目山で自刃するまでのさまを,実際の見聞に基づいてまとめた『理慶尼の記』(『武田勝頼滅亡記』とも)を残している。<参考文献>『大善寺過去帳』,『甲斐志料集成』12巻解説

(牛山佳幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android