コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理願尼 りがんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

理願尼 りがんに

?-735 新羅(しらぎ)(朝鮮)の尼僧。
渡来して大伴安麻呂(おおともの-やすまろ)邸に寄住。安麻呂の死後も妻の石川郎女(いしかわのいらつめ)や娘の坂上(さかのうえの)郎女のもとでくらす。天平(てんぴょう)7年死去。坂上郎女がその死を有馬の温泉で療養中の母に知らせた歌が「万葉集」にのせられている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

理願尼の関連キーワード小数アハズアメリカ農業法奈良・竹田遺跡新潟・延命寺遺跡敦煌・莫高窟新日本石油基地阿羅野オルホン碑文海住山寺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android