コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉球通宝 りゅうきゅうつうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琉球通宝
りゅうきゅうつうほう

文久3 (1863) 年薩摩藩が江戸幕府の許可を得て藩内に限り通用させる目的で鋳造した銅銭。薩摩藩は当初,天保通宝の流通の好調をみて,天保通宝と同形,同量のものを私鋳し,124文で通用させたが,その後正式に幕府の許可を得て,円形方孔の半朱琉球通宝を鋳造し,228文で通用させた。琉球通宝は藩内限りの通用であったが,藩外にも移出され,大坂にも現れるにいたったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

琉球通宝の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグウィグモアエルギン小松小太郎ハッパーヘーフェル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android