コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天保通宝 てんぽうつうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天保通宝
てんぽうつうほう

天保銭ともいう。天保6 (1835) 年以降江戸幕府鋳造,発行した銅貨。縦 4.2cm,横 3.3cmの長円形で,従来の1文銭 100枚にあたるもので当百と呼ばれた。銭貨の不足と,藩札の整理を目的としたもので,1891年まで通用。大型で方形の穴があるため,天保銭とか穴あきといった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんぽう‐つうほう【天保通宝】

江戸幕府が天保6年(1835)以降鋳造した長円形の銅銭。1枚は、初め100文(実際には80文)に、明治以後は8厘に通用、明治24年(1891)に通用禁止。当百銭百文銭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天保通宝【てんぽうつうほう】

1835年(天保6年)から発行された100文通用の銅銭。天保銭,百文銭,当百銭とも。実際には80文で通用した。小銭の不足を緩和するために金座付属の江戸浅草銭座で鋳造され,鋳造高は4億8480万4054枚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんぽうつうほう【天保通宝】

江戸時代の貨幣。幕府は1835年(天保6)小銭の払底を緩和する目的で,1枚で100文(実際には80文)通用の銅貨,天保通宝を金座所属の江戸浅草橋場町の銭座で鋳造,発行した。これは小判の形をした楕円形の銅貨で,量目は5.5匁(20.6g)であった。明治維新後も通用し,1871年(明治4)には1枚で8厘の通用となったが,91年12月末日をもって通用停止となった。【作道 洋太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんぽうつうほう【天保通宝】

1835年以降、江戸幕府の鋳造した銅銭。長円形で、中央に角形の穴があけられ、「天保通宝」の極印ごくいんがある。一枚は百文に通用し当百とうびやくともいわれた。明治時代は八厘とされ、1891年(明治24)まで通用した。天保銭。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天保通宝
てんぽうつうほう

1835年(天保6)以降、江戸幕府が発行した銅銭。天保銭ともいう。縦1.65寸(約4.2センチメートル)の長円形。一文銭100枚に当り当百(とうひゃく)とよばれたが、明治に入ってからは約80文で通用。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

天保通宝の関連キーワード大久保忠真明治時代琉球通宝角形極印

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android