コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴水母 コトクラゲ

大辞林 第三版の解説

ことくらげ【琴水母】

有櫛ゆうしつ動物のクラゲ。体長15センチメートル 内外。体は U 字形で竪琴たてごとに似る。両側の腕状の部分の先端から、長い羽毛状の触手を出す。色彩は美しく、黄・灰・淡紅色の地に、濃紅色のいぼ状突起が多数散在する。泳ぐことができず、岩などに付着する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

琴水母 (コトクラゲ)

学名:Lyrocteis imperatoris
動物。コトクラゲ科の海産動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

琴水母の関連キーワード腔腸先端色彩内外両側字形

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android