コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞岡珍牛 ずいこう ちんぎゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑞岡珍牛 ずいこう-ちんぎゅう

1743-1822 江戸時代中期-後期の僧。
寛保(かんぽう)3年1月6日生まれ。曹洞(そうとう)宗。肥後(熊本県)東向寺で出家。長門(ながと)(山口県)笑山寺の海外亮天の法をつぐ。東向寺,美濃(みの)(岐阜県)竜泰寺の住持などをへて尾張(おわり)(愛知県)万松寺をついだ。文政5年4月10日死去。80歳。肥後出身。俗姓は佐藤。著作に「永平道元禅師行状図絵」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瑞岡珍牛の関連キーワード烏亭焉馬式守伊之助烏亭焉馬烏亭焉馬式守伊之助アユイ烏亭焉馬北欧美術柏木如亭斎藤方策