コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑠璃鶲 ルリビタキ

デジタル大辞泉の解説

るり‐びたき【瑠璃×鶲】

ヒタキ科ルリビタキ属の鳥。全長約15センチ。雄は頭から尾まで上面が青色、雌は緑褐色で尾だけ青色をし、ともに腹は白く、脇が橙黄色。日本では亜高山帯で繁殖。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

るりびたき【瑠璃鶲】

スズメ目ツグミ科の小鳥。全長約14センチメートル。雄は背面が美しい瑠璃色、脇はオレンジ色で腹面は白。鳴き声も美しい。雌の背面は地味な緑褐色。ヒマラヤからアジア東北部に分布。日本では北海道・本州の亜高山帯で繁殖し、冬は低地に移る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

瑠璃鶲 (ルリビタキ)

学名:Tarsiger cyanurus
動物。ヒタキ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

瑠璃鶲の関連キーワードヒマラヤ本州分布低地腹面背面