コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓊子内親王 たまこないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瓊子内親王 たまこないしんのう

1316-1339 鎌倉-南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の皇女。
正和(しょうわ)5年生まれ。母は藤原為子(いし)。隠岐(おき)配流天皇を追って同島にわたろうとしたがはたせず,伯耆(ほうき)(鳥取県)の守護佐々木氏にあずけられる。のち遊行中の僧一鎮について尼となり,同地に安養寺をたてた。暦応(りゃくおう)2=延元4年8月1日死去。24歳。法号安養尼

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

瓊子内親王の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android