コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓜生繁子 うりゅう しげこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瓜生繁子 うりゅう-しげこ

1862-1928 明治-大正時代の音楽教育家。
文久2年3月20日生まれ。瓜生外吉の妻。明治4年はじめての女子留学生のひとりとして津田梅子らと岩倉使節団とともにアメリカにわたる。ワシントンで音楽をまなび,帰国後,文部省音楽取調掛教授となる。のち東京女高師と東京音楽学校の教授を兼任。昭和3年11月3日死去。67歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

瓜生繁子の関連キーワード永井繁子大正時代幸田 延

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android