コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓜生外吉 ウリュウソトキチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瓜生外吉 うりゅう-そときち

1857-1937 明治-大正時代の軍人。
安政4年1月2日生まれ。明治8年アメリカに留学。扶桑(ふそう),八島などの艦長をつとめ,日露戦争では第二艦隊司令官として指揮。仁川沖の海戦の勝利で知られる。のち佐世保,横須賀の各鎮守府司令長官。大正元年大将。昭和12年11月11日死去。81歳。加賀(石川県)出身。アナポリス海軍兵学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

瓜生外吉

没年:昭和12.11.11(1937)
生年:安政4.1.2(1857.1.27)
明治期の海軍軍人。大聖寺藩(石川県)藩士瓜生吟弥,ふぢの次男。明治5(1872)年海軍兵学寮に入り,中途で同8年アメリカ留学。アナポリス海軍兵学校を卒業して14年に帰国,海軍中尉に任じられる。海上勤務を経て19年海軍大臣伝令使となる。25年にフランス公使館付となり,30年1月帰国して巡洋艦秋津洲艦長。日露戦争(1904~05)では,第2艦隊司令官として巡洋艦からなる第4戦隊を指揮,開戦直後の仁川港外での海戦から戦役期間を通じて活躍。40年男爵を授けられ,42年横須賀鎮守府司令長官,大正1(1912)年に大将に進み,翌年予備役に編入。アナポリスではYMCAの代表となるなど現地にとけこみ,成績も72名中24位であったという。留学中に明治4年に開拓使派遣留学生として渡米していた益田孝(のち三井物産社長)の妹繁子と知り合い,帰国後結婚した。海軍有数のアメリカ通であった。

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

瓜生外吉の関連キーワードインチョン瓜生 繁子貴族院議員仁川沖海戦大正時代瓜生繁子

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android