コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓦塔 がとう

大辞林 第三版の解説

がとう【瓦塔】

瓦質または須恵器の塔。木造の塔の形を模して各層ごとに焼いてから組み立てたもの。奈良時代または平安前期頃に作られた。礼拝の対象あるいは墳墓の標識などとする説がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がとう【瓦塔】

木造高層塔婆を写して焼かれた仏塔の一種で,やや軟質の瓦製から硬い須恵器質のものまで,さまざまのものがある。通例,1.5~2.0mの高さのものが多く,塔身部,屋蓋,九輪,水煙の各部分に焼き分けられていて,五層塔が一般的である。完全に近い形を示すものとして,東京都東村山市廻田(めぐりた)および静岡県引佐郡三ヶ日町宇志出土の復元五層塔がよく知られている。出土分布は宮城県から熊本県までほぼ日本全域に及んでおり,百二十数例が知られているが,群馬県30例,埼玉県22例など,関東地方のみで過半数を超えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の瓦塔の言及

【塔】より

…西洋建築の輸入以来,洋風の建物では,建物の中心などに塔状の部分,たとえば時計塔などを設けるものも多く造られたが,近代建築の興隆以来,機能的な見地から装飾的な塔は好まれず,また市街地では土地の利用上,制限いっぱいの軒高を取るため,塔を設けることは少なくなった。 仏塔は仏教建築として輸入されたもので,材料は木や石が多く,鉄塔,銅塔,瓦塔,泥塔,あるいは紙に描いた画塔,印塔などもある。木造塔は多層塔(3,5,7,9,13層)と多宝塔が普通である。…

※「瓦塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報