コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甕原 みかのはら

1件 の用語解説(甕原の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みかのはら【甕原】

京都府相楽郡加茂町の北部の地名。〈原〉〈三日原〉〈三香原〉とも記す。古代において,奈良から伊賀,近江信楽(しがらき)へ向かう要路であった。713年(和銅6)6月23日に元明天皇が甕原離宮に行幸したことが,六国史における初見史料である。この地域に,聖武天皇による恭仁京(くにきよう)や山城の国分寺国分尼寺が造営された。京都府教育委員会,加茂町等により発掘が進められ,その全貌が明らかになりつつある。平安時代以降,離宮,寺なども廃され,一帯が甕原荘として荘園化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

甕原の関連キーワード生野加茂真野山崎笠置岩船寺金胎寺瓶原柴崎久五郎タカコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone