コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生の本能 せいのほんのうLebenstriebe[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

せいのほんのう【生の本能 Lebenstriebe[ドイツ]】

S.フロイトが後期の本能論で〈死の本能(死の衝動,死の欲動)〉と対立させた概念。正確には〈生の衝動〉ないし〈生の欲動〉。フロイトは前期の本能論では〈自我本能〉と〈性本能〉を対立させたが,〈死の本能〉を提唱するに及んで〈自我本能〉と〈性本能〉を〈生の本能〉のもとにまとめた。〈死の本能〉は生命を破壊し,無機状態すなわち死をめざすが,〈生の本能〉は,生命の統一性を保持し,さらにより大きな統一性を達成しようとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生の本能の関連キーワードカール・アウグストゥス メニンガーニルバーナ原則リビドータナトスエロス自殺

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android