コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死の本能 しのほんのうTodestriebe[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

しのほんのう【死の本能 Todestriebe[ドイツ]】

S.フロイトの用語。正確には〈死の衝動〉ないし〈死の欲動〉。フロイトの本能論は,本能の内容は理論的展開とともに変わっていったが,つねに二つのものを対立させる二元論である点は変わらなかった。〈死の本能〉は,フロイトがその最後の本能論において,〈生の本能(生の衝動,生の欲動)〉と対立させて提唱した概念である。〈死の本能〉は,一応は陰性治療反応,罪悪感,マゾヒズムなどの現象を説明するために考えられた。その理論的根拠は,生物のもつすべての本能のめざすところは緊張を解消し,過去の安定状態を再現することであり,生物は無生物から生じ,かつては無生物であったのだから,すべての生物には,かつての無生物の状態,すなわち死へと向かう基本的傾向があるというもので,いかにも思弁的に過ぎ,後継者たちのあいだで承認しない者も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の死の本能の言及

【精神分析】より

…とはいえ対象喪失によって自我に戻ったリビドーが,捨てられた対象と自我との同一化をつくり出すために用いられるとした彼の鬱(うつ)病論は,今日広範な意義を獲得するにいたった対象喪失の精神力動学の基礎をなす考えである。 エロスに対立する一方の本能は,破壊本能すなわち〈死の本能〉である。この本能の目標は究極には生物を無機状態に還元することだが,〈死の本能〉説はフロイト晩年の着想である。…

※「死の本能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

死の本能の関連キーワードカール・アウグストゥス メニンガーニルバーナ原則メニンガータナトスリビドー動機づけ攻撃性自殺攻撃

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android