コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生壁色 なまかべいろ

色名がわかる辞典の解説

なまかべいろ【生壁色】

色名の一つ。塗りたての乾いていない土壁のような、みを帯びた鼠色。江戸時代の染色で用いられた色名。鼠色の系統か茶色の系統か判断が難しい色合いで、「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるほど好まれた2色のイメージを兼ね備えている。主に着物に用いられたという。現代でも和服などに用いられる。また大手鉛筆メーカーが発売した240色の色鉛筆に含まれている。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なまかべ‐いろ【生壁色】

茶色がかったねずみ色。また、濃い藍ねずみ色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なまかべいろ【生壁色】

あいがかったねずみ色。また、茶色がかったねずみ色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

生壁色の関連キーワード生壁色名系統

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android